マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


 













「構造計算概要書」の屋根葺き材の検討

  2007年6月に改正施行された建築基準法では、木造3階建等の建築物の確認申請において「構造計算概要書」の提出が義務づけられました。
  その中では屋根葺き材についても風圧力に対して安全性の確認が求められています。

  社団法人全日本瓦工事業連盟(本部・東京都千代田区)および全国陶器瓦工業組合連合会(同)では、粘土瓦を木造3階建に用いる場合の書式見本を用意していますのでご利用下さい。また非木造2階建て以上の建物や、木造2階建以下で許容応力度計算を選択した場合でもご利用いただけます。

  この書式見本は、社団法人全日本瓦工事業連盟と全国陶器瓦工業組合連合会などで発行している「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」に準拠しています。同ガイドラインに示された例示工法を用いる場合、同ガイドラインの標準試験によって耐風性能を確認した工法を用いる場合に使用可能です。

  ご利用にあたってはファイル内の「ご利用方法」をよくお読みください。
  またこれらの書式は、社団法人全日本瓦工事業連盟および全国陶器瓦工業組合連合会が、工法の安全性など保証するものではなく、ご利用は使用者の自己責任でお願いします。

   屋根葺き材の耐風性検討書 【kawara.xls: 1.2MB】

   ▲ダウンロードする際は、画像上でマウスの右ボタンをクリックし、《 対象をファイルに保存 》 を選択して下さい。

《参考資料》
■瓦屋根標準設計・施工ガイドラインによる構造計算規定について(抜粋)
    監修:独立行政法人研究所    発行:(社)全瓦連・全陶連・全PC瓦連
構造計算規定について
■のし瓦多段積み組棟部の重量計算方法
    参考:『日本の瓦 坪井利弘著 新建設社刊』
重量計算方法
■瓦屋根標準設計・施工ガイドライン
    監修:独立行政法人研究所    発行:(社)全瓦連・全陶連・全PC瓦連
施工ガイドライン

PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404