マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


 













葺替工事の概算計算

屋根の葺き替え工事費用は?

屋根面積 屋根面積    ≫ 我が家の屋根の面積は?(屋根面積の概算方法) 
  または   坪     (または坪数を半角数字で入力して下さい。)

立地の状況 立地の状況
葺き替えをする建物に隣接して、廃材搬出用のトラックが駐車できる。
建物に隣接して駐車できないが、10m範囲内に駐車でき、レッカーが使用できる。
街中や商店街の中心部などで、トラックが駐車できるところは離れている。

屋根の形状 屋根の形状  (形状が複合している場合、占める割合の多い形状を選択してください。)
切妻屋根 寄棟屋根 入母屋屋根
切妻屋根 寄棟屋根 入母屋屋根

屋根の傾斜 屋根の傾斜(屋根の勾配)
屋根の傾斜は一般の屋根と同じか、それよりも緩やかである。(4寸勾配未満)
一般の屋根より急であるが、屋根に人が立って作業は出来そうである。(4〜6寸勾配)
一般の屋根よりかなり急である。屋根に立って作業するのは困難である。(6寸勾配以上)

既設の屋根瓦 既設の屋根瓦    ≫ 屋根材の種類は?(屋根材体系表) 
現在、粘土系(いぶし瓦、釉薬瓦など)の屋根材が使われている。
現在、セメント系などで、アスベストなど有害物を含まない屋根材が使われている。
現在、スレート系などで、アスベストなど有害物を含む屋根材が使われている。
現在、板金(鋼板・銅板・アルミなど)の金属系屋根材が使われている。

使用する屋根瓦 使用する屋根瓦    ≫ 屋根瓦の形と色は?(瓦のサンプルと施工例) 
和瓦の三州いぶし瓦を使用する。
和瓦の三州陶器瓦を使用する。(三州陶器瓦標準色)
洋瓦の三州S形瓦を使用する。(三州陶器瓦S形標準色)
洋瓦の三州フラット形瓦を使用する。(三州陶器瓦フラット形標準色)
化粧スレート(薄形スレート)を使用。【注】色感の著しい変化に対する保証は2年間程度。
セメント系瓦(厚形スレート)を使用。【注】色感の著しい変化に対する保証は2年間程度。
板金(カラー鉄板等)を使用。【注】7〜10年毎に再塗装が必要。

概算見積り   


●概算見積金額には、以下の内容が含まれております。
    ・既設の撤去と廃材処理費。  ・屋根瓦と下葺材の材料及び施工費。

●他に必要な費用
    ・屋根の下地(野地板や垂木)が悪い場合、その取り替え費用が必要となります。
    ・隣家と近接しているなど、飛散防止や落下防止のネット養生が必要な場合の養生費。
    ・都市部など廃材処理費が高い地域や、処理地が遠方の場合は概算より割高になります。
    ・アンテナやエアコンの室外機などの取り外し、及び取り付けは含まれておりません。

●注意事項
    ・葺き替えをする総屋根面積が50以下の場合、概算より割高になります。
    ・[使用する屋根瓦]が[和瓦]の場合、概算値は並鬼・棟のし5段程度の費用です。


PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404